次回、名古屋のいい店調べるなら「うまいものブログ」で検索!

【久良三】栄で江戸前蕎麦。お、値段以上。

をぺ(@umaimonoblog)です。

今回は名古屋市栄錦三丁目にある蕎麦屋【久良三(クラゾウ)】さんのご紹介。

をぺ
をぺ

栄、錦では珍しく渋い外観と蕎麦やきしめんのお店です。遅くまでやっているのもあり、〆に来る人も多いそう。

この記事を書いた人
をぺ

名古屋市の隠れたグルメをご案内する「うまいものブログ」の中の人"をぺ"と申します。
飲食店専門Webマーケティング・コンサルティングの営業職が本業。
飲食店の表も裏も知っている私が、美味しい飲食店を食べ歩きしてプチ贅沢なディナーや接待におすすめの、本当に美味しいお店をご紹介します。
気になっていることはM字ハゲ。

をぺをフォローする

久良三とはどんな蕎麦屋?

石臼で挽いた全粒粉のそば粉を使用

久良三外観

久良三のホームページを見ると。

主に北海道産と長野産(安曇野)の玄蕎麦を使用し、石臼で挽きあげた「石臼挽き蕎麦粉」を使用している。

をぺ
をぺ

今回の蕎麦は、北海道産のものです!とご説明いただいた。

江戸前蕎麦らしく味が濃いつゆがいい!

そばつゆ専用の本醸造濃口醤油、古式手造りの三河本味醂、グラニュー糖を混合加熱した後、長期間低温熟成させた「本がえし」を、炭火で仕上げた本枯鰹節の一番だしと配合し、火入れ、一晩寝かし、湯せん、更に一晩寝かしている。

とのことで、丁寧に作らたつけ汁は香りが抜群。江戸前らしく味は濃いめ。

久良三のお蕎麦食べてみた

もりそば 1半

もりそばの1.5人前。(990円)

※値段は異なる場合があります。少し高めのお値段設定。

をぺ
をぺ

蕎麦にはつぶつぶの斑点が見えており、全粒粉が見て取れる。麺は細めだ。

そのままつけ汁に付けずに頂くと、ツルッとした食感とそばの風味がふわっと。

つけ汁は匂いから濃そうだったのでちょっとつけてズルズルっと。

あ〜これは蕎麦つゆやばいですね。香りがすごい。江戸前は辛すぎるところもあるのですが甘みがあって旨みを感じられるものになってます。

蕎麦湯で割って飲むと更に香りが華やかに。うんめぇ。

これはお値段設定以上の満足度です。結構好きなお蕎麦でした。

名古屋市栄付近で美味しいお蕎麦をお探しの方はおすすめです!

久良三 店舗情報

久良三(クラゾウ)

052-971-2387

営業時間

11:00~14:30(LO 14:00)
17:00~22:00(LO 21:30)

定休日

日祝、第2・第4土曜

愛知県名古屋市中区錦3-14-29

地下鉄栄駅から徒歩3分
地下鉄久屋大通駅から徒歩5分
(錦三 グルメビル むかえ)

栄駅(名古屋)から250m

久良三 (栄(名古屋)/そば)
★★★☆☆3.28 ■【栄駅徒歩3分、1952年創業の老舗そば屋】 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999
うまいものブログの中の人
をぺ

名古屋市の隠れたグルメをご案内する「うまいものブログ」の中の人"をぺ"と申します。
飲食店専門Webマーケティング・コンサルティングの営業職が本業。
飲食店の表も裏も知っている私が、美味しい飲食店を食べ歩きしてプチ贅沢なディナーや接待におすすめの、本当に美味しいお店をご紹介します。
気になっていることはM字ハゲ。

をぺをフォローする
公式LINE登録してみる?気になるお店は質問してみて↓
スポンサーリンク
名古屋のグルメを食べ歩く!名古屋の隠れた名店のグルメを紹介する「うまいものブログ」
スポンサーリンク
をぺをフォローする
うまいものブログ|名古屋の隠れた”ちょっといいお店”のグルメ

感想・ご意見・ご要望

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました