広告営業がきつい!売れない3つの理由を売れる理由に変える

【営業と広告のお話】

白米をぺです╰( ^o^)╮-。・*・:≡🍚

今回は自身の仕事について、飲食店広告ルート営業を4年やってきた中堅として、プレイヤーとして経験してきたこと、売れない時どう売れるようにしてきたのかを文章としてアウトプットしています。

ちなみに白米をぺは、すごい営業マンではありません。会社の中に営業は40人ほどいますがその中ではいつも5~15位。いわゆるトップ営業マンではありません。あ!とはいっても年間の売上目標は毎年クリアしてますよこれでも!‎|ω・`)チラッ

だからこそふつーーーーーーーの営業マンがどうやって数字を達成しているのか、どう考えているのかお伝えできたら嬉しいです。

文才がないのとあまり硬い話が好きではないので、読んでくれてる皆さんと飲み会で酒を飲みながら、あーーーでもない、こーーーでもないと話してるつもりで書いていきますね(  ˙-˙  )౨

電車で読んでるそこの営業マンくんや家で読んでる就活生、休みにやること無くて暇してる人、みんなに楽しんで貰えるようしていきますので、ぜひお付き合いくださいな!

そもそも営業の悩みってなんだろう

1、売れない

2、売れない

3、売れない

売れない時に病むwwwww これはついてまわる問題ですね笑

もはや売れさえすれば、オールOK、全てがバラ色、月末に飛び込みしなくて済むし、下手したらサボれるし、白米みたいに真面目な営業はお客さんのサポートに回れるし、でもういいことしかないわけだ。ちきしょーそんな簡単じゃねぇ。

じゃあなんで売れないのか

1、自分で扱ってる商材の理解が浅い

2、クライアントのことを本気で理解しようとしてない

3、クロージングが出来てない

白米をペは正直この3点しかないと思う。

ほかの記事や本ではそもそもとんでもないできる営業マンの体験談や質問の方法など、真似出来ない、テクニックばかりが書いてあるんだよね〜

できるか!そんなこと╰( ^o^)╮-。・*・:≡🍚

※白米をペも何十冊と営業の本を読んだりネット記事を読んだけど、ほんとにそれをして売れた試しがないんだわこれが(小声)

だからこそ今回は、白米をペが営業が商品を売れない理由を、売れる理由、営業数字できるように記事にしようと思った訳ですが…

じゃあ売れない理由を売れる理由に変えましょう。

売れない理由を売れる理由に

1、自社で取り扱ってる商材の知識が浅い

多分ね〜大半の営業マンは、会社とかめちゃめちゃすごい営業マンが作ったトークスクリプト(マニュアル)みたいなものでロープレをして経験を積んで、実際の営業に出ていきます。

ある程度の商材の説明はできるようになります。ある程度ね。

そんなんで売れるか〜╰( ^o^)╮-。・*・:≡🍚

クライアントが欲しがっているのは商品ではありません。その商品を導入したあとの輝いてる未来が欲しいわけだ。(熱くなる白米をぺ)

その商品を
・何故導入した方がいいのか
・導入するとどうなると予想されるのか(実例込みで)
・どう活用することでクライアントが望んでいることが叶うのか

この3点を徹底的に話を詰めていきます。

そのためには営業が自分で扱ってる商品の活用方法や実績まで理解して始めてここまで深い話ができるようになると思います(  ˙-˙  )౨

だからまずは

・自社商品と同業他社の比較

・実績

・活用方法

全て調べて、調べてもわからないなら自分が買いたくなるまで上司に聞いて聞いて聞きまくってください。

自分が買いたくないものを人に売ることはできません。売れてもラッキーです(小声)

たまにありますラッキー(あるんかい)

2、クライアントのことを本気で理解しようとしてない

上にもあったんですけどぉ〜

その商品を
・何故導入した方がいいのか
・導入するとどうなると予想されるのか(実例込みで)
・どう活用することでクライアントが望んでいることが叶うのか

この部分ね!

どう活用することでクライアントの望んでいることが叶うのかを提案するわけだ営業マン(  ˙-˙  )౨

ということは、クライアントが本当の意味でどこに向かいたいのか、どうやったらその方向に進めるのかを、理解していないと無理╰( ^o^)╮-。・*・:≡🍚

そのためにはクライアントが今までどんなことをしてきて、現状は?これからの展望は?そのためには今何をしてる?その行動の成果は出てる?、これを徹底的に一緒に考えますクライアントと。

そもそも間違っている進み方をしていたら、そこから提案が始まります。先方のレールに乗るのではなく、そのレールが正しいのかから考えてください。なので白米をぺ、おかしいことはたとえ相手が社長でも、なんで?どうして?と詰めまくります。

まずは

・広告を任されるプロとしての視点

・クライアントと同じ視点

・そのクライアントの商品を利用するユーザーの視点

全て理解して提案してください(  ˙-˙  )౨

これマジ大事!ほんまに!

3、クロージングが出来てない

これ!売れない営業マン、ほぼこれ!クロージングっていわゆ買いたい気持ちの確認をする一連の話のことを言うんですが…

以下みたいな話のやつね!

(営業中での会話)

営業マン:社長はこの事業は今後伸びると考えていらっしゃっていて、その中でもこのようなユーザーにアプローチをしなければ、と考えていらっしゃるわけですよね?

社長:そうだね、それが出来れば自社の商品には自信があるよ。

営業マン:だからこそそれが出来るので導入した方がよろしいかと…どう思われますか?

社長:んーーーーー。

ここをないがしろにしてる営業は絶対売れません、てか売れなかったわし。

人間て断られたくないんですよね、だからイエス、ノーの答えを貰うことを怖がっちゃうんですビビリだから白米wwwww

で、売れるようになったのはやっぱり1、2で商品への自信とほんとにクライアントに必要なものだと思ったからビビらずに、

ノーを貰っても、どうしてですか?どうなったら導入できるんですか?とネックをしっかり明確にして一つ一つクリアにして行けるようになりました。

そんなの知ってるよって思ってる営業マンも多いと思います。だからこそ大事な部分なんですわこれが╰( ^o^)╮-。・*・:≡🍚

まとめ

1、自分で扱ってる商材の理解が浅い

2、クライアントのことを本気で理解しようとしてない

3、クロージングが出来てない

この問題点をしっかりクリアできればある程度の所までは行けます

あとは営業のアポが取れるか、知識などテクニック的なものが付随します(  ˙-˙  )౨

まずは営業をするまでに必要なことを書いたつもりです(あれ、書いてみたら真面目すぎた)

これって営業に限らずプロとしての仕事するなら必要な心持ちかもしれませんね〜それも含めると営業はいい経験だったのかもと今なら思えるようになりました╰( ^o^)╮-。・*・:≡🍚

コラム(白米は何で勉強したの?)

・本!!!

・上司!!

・友達と酒飲んで仕事について熱く語る!!!

と、まぁなにか学校に通ったとかそんな意識高いことはしてません。

あ、でも参考になった本は山ほどあるので今度紹介します╰( ^o^)╮-。・*・:≡🍚

ではまた(  ˙-˙  )౨

タイトルとURLをコピーしました